米Appleはこのほど、iPhone向け連写アプリ「SnappyCam」を開発する米SnappyLabsを買収したことを明らかにした。


 米TechCrunchなどが報道し、Appleがこれを認めたが、詳細は明らかにしていない。


 SnappyCamはiPhoneカメラでフル解像度の写真を秒間20フレーム超で撮影できるのが特徴。独自のJPEG圧縮技術がカギになっており、iPhoneの性能を超えた高速連写が可能になっている。


 Appleの買収に伴い、同アプリはApp Storeから消えている。Appleが同アプリの技術を将来のiOSに搭載する可能性もありそうだ。